転職する前に考えておく事が大切

こんにちは、桜木です。

今日は、転職に関して、思ったことを記載します。
転職する理由は、人それぞれあると思いますが、今、働いている会社の経営状況が悪化して、給料の遅滞や先行きよくなる見通しがない場合や倒産してしまった場合は、待ったなしで転職するしかありませんよね。

しかし、転職する理由が違う場合、転職してみて気が付くことがあります。
今、働いている会社の勤務年数が長い場合、例えば、5年とか10年以上になっていて、職場で他の人から自分の存在を認められ、役職がついているケースの場合、
自分では、気が付かないかもしれないが、
部下もしくは、後輩に仕事を任せて、楽になっているところがある場合、または、自分の役割の仕事がスムーズに行えている場合があります。この楽とは、肉体的かもしれないし精神的な場合も考えられます。

人間、同じところで長く働くと、マンネリ化してしまい、やる気が薄れていく
ケースもあります。そんな時、もう少し給料がほしいとか、別の仕事をやってみたいとかスキルアップしたいとか考えます。転職することにより、今まで築いてきた地位はなくなり、新人と同じ扱いとなり、自分より若い上司から、指導を受けて、初めて前の会社の自分の立場や同僚、部下のありがたさに気が付くこともあります。
やめる前から頭の中では、わかっていたつもりなのに、実際にその場面でリアルにわかる場合があります。はたして、お金が高いからだけの理由で転職した場合、
この我慢を続けていく事ができるのでしょうか。そんなことも転職する前に考えておかなければ、後悔することになります。

転職する事が、自分の可能性を広げ、やりがいと生きがいにつながる場合もあります。それで、給料が高いとか休みがきちんとあるとか前の会社を辞めて良かったと思う人もいるでしょう。
転職するかやめるか、どちらにしても後で自分の人生を振り返った時に、
悔いの残らない選択と家族がいれば、よく相談してから決断する事が必要だと思います。

自己紹介


こんにちは、桜木です。
長時間の労働と汗をかきながらの仕事から卒業して、 新時代の稼ぎ方にチャレンジしています。
夢の実現そして楽しい人生を送りたいと思っています。

マーケティング戦略PR

▲トップへ戻る